ホーム奄美真珠養殖の歴史
ホーム > 奄美の輝き >  奄美真珠養殖の歴史

奄美の輝き 奄美真珠養殖の歴史


昭和42年頃の養殖場

昭和42年頃の養殖場

昭和45年頃の採苗室

昭和45年頃の採苗室

南洋真珠養殖の歴史

第二次世界大戦前
 奄美大島でのマベパール養殖の歴史は、遠く明治時代にまで遡ります。
 1910年(明治43年)、奄美大島の油井小島と俵小島において、猪谷荘吉氏と池畑末吉氏が共同事業で養殖を開始したのが、マベパール養殖の最初とされています。しかしながら、事業は思わしくなく、結局1923年(大正12年)に事業を中村十作氏に譲渡しています。
 1925年(大正14年)、事業を譲渡された中村十作氏は、油井小島で半径真珠養殖に成功し、その製品をスペイン等に輸出しています。この養殖場では毎年3千個に挿核するなど盛況でしたが、戦時色が濃くなった1943年(昭和18年)には中断されることとなりました。


第二次世界大戦後
 1951年(昭和26年)、GHQ天然資源局のカーン博士の依頼で、光塚喜市氏が奄美大島を調査し、マベパール養殖が有望であることを知り、この年奄美真珠海綿養殖株式会社を設立して、マベ半径真珠養殖事業を開始しました。
 またその翌年には、同じ奄美大島において実久真珠有限会社が設立され、マベ半径真珠養殖事業を開始しています。
 1955年(昭和30年)、両社が事業開始した当初は年間数万個の天然母貝が採取され養殖されていましたが、この年には母貝採取量は数百個に激減し、実久真珠は事業を中断します。一方光塚喜市氏は人工採苗による母貝生産を計画し、翌年から1960年までの5年間、鹿児島水産試験場大島分場と奄美真珠海綿養殖との共同研究として、油井小島にある同社の実験室で研究を開始しました。
 1958年(昭和33年)、奄美真珠海綿養殖は110個の付着稚貝の採苗に成功し、1962年(昭和37年)には人工採苗して養成した母貝から初めて半径真珠の浜揚げに成功しました。


マベの学名「プテリア・ペンギン」(Pteria penguin)

マベの学名「プテリア・ペンギン」(Pteria penguin)

奄美養殖場
 1966年(昭和41年)、田崎真珠株式会社を含む真珠養殖業者11社と瀬戸内漁協が協力して、マベ人工採苗貝の安定供給を図るために「マベ真珠養殖振興協会」を設立しました。しかし、折からの真珠不況により真珠養殖業者が奄美から相次ぎ撤退したことにより協会が解散し、1968年(昭和43年)には田崎真珠単独でマベ真珠の人工採苗に取り組むことになりました。
 1970年(昭和45年)、瀬戸内町小手安地区にマベ真珠の人工採苗施設を建設し、大量の人工採苗貝の採集に成功。1974年(昭和49年)にはマベ人工採苗貝を使った初の浜揚げに成功し、マベ真珠の量産化を開始しました。
 1986年(昭和61年)宇検村焼け内湾での養殖を開始。内湾で餌の豊富な漁場からは素晴らしい品質の真珠が生まれました。
 2009年(平成21年)1月、奄美養殖場の閉鎖が決まり(平成21年1月23日田崎真珠IRにて開示)、奄美からマベ真珠養殖の灯が消えようとしていました。しかし、当社がこれまでのマベの養殖経験、知識、ノウハウを生かし、養殖場を引き継ぐことになり、現在に至っています。

 


白蝶貝(Pinctada maxima)

白蝶貝(Pinctada maxima)

南洋真珠養殖の歩み

 南洋真珠の母貝である白蝶貝(Pinctada maxima)は、奄美大島にはほとんど生息していませんでした。


 1967年(昭和42年)、鹿児島県水産試験場が、南洋産の白蝶貝成貝6個を大島海峡の筏に垂下して越冬を試み、1968年(昭和43年)には大島海峡水域の白蝶貝分布生息調査を実施しています。
 1973年(昭和48年)、当養殖場の前身である田崎真珠株式会社が海外から白蝶貝の母貝を持ち込み、南洋真珠の試験養殖に着手しました。
 1974年(昭和49年)、田崎真珠はマベ真珠養殖で培った人工採苗技術により白蝶貝の人工採苗に成功し、南洋真珠の本格的な養殖を開始。その後、約10年の試行錯誤を経て南洋真珠の量産化に成功しています。